裁判での不倫(浮気)の証拠とは

MENU

浮気調査を依頼し,裁判での証拠を

浮気調査を依頼して裁判での浮気の証拠として使いたいのであれば、それなりの報告書が必要です。離婚を有利に進めるためには、調停や裁判で動かぬ証拠として利用できる証拠能力のある報告書が必要です。浮気調査を依頼するだけではダメです。

 

ホテルに入る写真が一枚あるだけでは、証拠として利用することができません。夫婦の話し合いくらいなら使えますが、離婚を有利にするための証拠として裁判で使いたいのなら足りません。浮気調査を依頼して、証拠能力のある報告書が欲しいのなら、それなりの報告書を用意してくれる探偵を選びましょう。

 

浮気相手に慰謝料の請求をする場合には、相手の氏名や住所も調べて貰うことが必要です。自分で調査をする方法もありますが、それですと証拠能力のある証拠を用意するのは難しいです。失敗すると高いものにつきますし、浮気調査は自分で行うよりもプロの力を借りたほうが良いです。

 

プロの力を安く利用できるように工夫をすることはできます。怪しい曜日や時間帯、行動範囲など把握できる範囲のことを伝えておくとよいです。浮気相手の氏名や住所が分かっているのなら、知っていることを事前に伝えて調べる必要がないことを指定しておくと良いです。

 

浮気調査の証拠を握って離婚のことや慰謝料のことなど有利に進めたいのなら、そのような調査が得意なところを選びましょう。アルバイトが調査するような激安調査会社や、高額な悪徳業者は避けて、調査能力が高くて証拠能力の高い報告書を用意してくれるところを選ぶとよいです。

 

"

後払いできる探偵

HAL探偵社

フリーダイヤル 0120-110-836

ハル探偵【無料相談】 匿名で申込OK!